HOME>注目記事>周辺環境を調べることで住みやすく暮らしやすい場所にあるのかを知ること
間取り

中古住宅は嫌われる傾向も

今、日本国内では中古住宅が余って来ていることから、リノベーションを行う再利用する人も増えて来ています。ですが相変わらず新築住宅を求める人も多いのも、日本人特有の現象とも言われます。大阪市内でも初めて住宅を持つと言う人の多く、新築物件を求めると言う数字も出ています。そんな新築住宅に求めるものと言われると、間取りと言う人が多くいますが、その間取りの前には立地条件を考えることを忘れてはいけません。新築住宅を求めると言うことは賃貸住宅を利用するのと訳が違い、簡単に引っ越すことは出来なくなります。住んでしまってから「しまった」となった時にはどうすることも出来ない状況になっていることを覚悟する必要が出て来るのです。新築住宅を求める時は、自分が住みたい環境下にあることが最大の目的であり、住まいの形は後からでも変更出来ると考えるべきです。

注文住宅が高くなると言う訳でもない時代

大阪市内で新築住宅を求める時、予算を考えることになります。市内の中心部ならば土地費用が高くなりますが、郊外へ出ることで土地費用も少なくなり、その費用にも差が出て来ることになります。これが分譲住宅の場合と注文住宅になると、費用の差も非常に大きくなることが考えられますが、注文住宅を求める人の多くは土地取得の必要がない人が多いことで費用も少なくなることがあります。住宅建築費用については、分譲住宅であれば周辺の価格帯を考えることで理解出来るようになりますが、注文住宅の場合には資材等の内容によって大きく違って来ることになります。一般的に注文住宅は高くなると考えられがちですが、使う資材や建て方によってはかなり安く仕上げることも出来るようになっていると知っておくべきです。

広告募集中